☆ご高齢の場合
  室内にいる場合でも、熱中症になることがあります。高齢の方は暑さや体内の水分不足を自覚しにくく
 身体の熱を放散する体温調節機能が低下しています。こまめな水分補給を心掛け、扇風機やクーラーを使
 用して、体温調節に注意することが大切です。


☆小さなお子様の場合
  小さなお子様の場合、体温調節機能が発育途上にあり、熱中症にかかる危険は大人よりも高くなります。
 また、身長も低く、地表面に近いため、晴れた日の外出では、大人が暑いと感じるよりもはるかに暑い環
 境におかれているため、よりいっそうの注意が必要です。こまめな声掛けや目配り、水分補給や塩分補給
 暑い日の服装選びに注意し、滝度な外遊びで暑さもにも慣れさせることも大切です。
年齢別の注意点
1.涼しい場所で水分補給する。
2.冷却剤、うちわ、霧吹き等を利用し、
体温を下げる
3.かかりつけ病院を受診する。
4.意識がはっきりしない、体温が下がらないなど緊急の場合は、消防署119番へ通報する。
もし、熱中症と思われる症状がでたら!
1.外出の際は、日傘や帽子を着用する。また、日陰を利用するなど暑さを避ける。
2.こまめに水分、塩分を補給する。
予防法!
 熱中症は、高温の環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体内の調整機能がうまく働かず、体温が
著しく上昇するなどして発症する障害のひとつです。

 熱中症が疑われる
症状は『高体温、めまい、頭痛、吐き気、おう吐、倦怠感、大量の発汗、皮膚乾燥』等です。

 熱中症は、放っておくと死に至ることがありますが、予防法を知っていれば防ぐことができます。
熱中症とは?
熱中症を予防して元気な夏を!!
HOME
~Emergency Call 119~


中 部 上 北 広 域 事 業 組 合 消 防 本 部
F.D CHUBU KAMIKITA
Copyright (C) 2014 CHUBU KAMIKITA FIRE DEPARTMENT. All Rights Reserved.
所在地:〒039-2501
   青森県上北郡七戸町字荒熊内159-4
   TEL 0176-62-3142 FAX 0176-62-5601