※改正される別表第3PDFファイル
平成28年4月1日
4.施行日
 今回の改正により、新たに別表第3に追加された機器で、既に、『対象火気設備等及び対象火気器具等の離隔距離に関す
る基準』(平成14年消防庁告示第1号)により得られた距離で消防長が認めたものとして設置されているものについては、
引き続き当該距離を適用することが可能であることから、経過措置は設けないこととしました。
3.経過措置
② 新たに、こんろ部分の全部が電磁誘導加熱式調理器である場合とそれ以外である場合を区別する必要が生じたため、
 従来から別表第3に規定されている電気こんろ・電気レンジ・電磁誘導加熱式調理器を電気調理用機器に統合しました。
  また、電気調理用機器の項の部分に、「注1」及び「注2」を規定し、こんろ部分の発熱体の種類に応じ、いずれの
 規定を適用するかを明確にしました。
※注意!ただし、今回、別表第3に追加される電磁誘導加熱式調理器は、こんろ部分の全てが電磁誘導加熱式調理器のもののみです。
(2)入力5.8kw以下である電磁誘導加熱式調理器の別表第3への追加
   ① 入力が5.8kwである電磁誘導加熱式調理器(グリル等の複合品も含む。以下単に『電磁誘導加熱式調理器』という。)
    の製品が主流となってきたことを踏まえ、入力が5.8kw以下(1口当たりの入力3.3kw以下)の電磁誘導加熱式調理器が
    別表第3に追加されます。
     なお、離隔距離については、従来から別表第3に定められていた、入力が4.8kw以下(1口当たりの入力3kw以下)の
    当該機器に係る離隔距離と同じです。
卓上型グリル付こんろ
卓上型グリドル付こんろ
卓上型こんろ(2口以上)
【調理用器具】
キャビネット型グリル付こんろ
キャビネット型グリドル付こんろ
組込型グリル付こんろ
組込型グリドル付こんろ
組込型こんろ
(旧ドロップイン式こんろ)
【厨房設備】
各機器の形状例
(1)ガスグリドル付こんろの別表第3への追加
   家庭用ガスこんろの下部に、ガスグリドル(直火で加熱したプレートによって、主として伝導熱で調理する機器)
  を備えた機器が市場に流通するようになったことを踏まえ、可燃物等との間に設けるべき火災予防上安全な距離(以下
  『離隔距離』という。)について、
ガスグリル付こんろと同じ項にガスグリドル付こんろが追加されます。
2.改正内容
 ガスこんろ等の火気設備を規制する『対象火気設備等の位置、構造及び管理並びに対象火気器具等の取扱いに関する
条例の制定に関する基準を定める省令』(平成14年総務省令第24号。以下『対象火気省令』という。)
が施行されて
から10年以上が経過し、当初、対象火気省令で想定していなかった設備や器具が流通してきたことに対応するため、
『対象
火気設備等の位置、構造及び管理並びに対象火気器具等の取扱いに関する条例の制定に関する基準を定める省令の一部
を改正する省令』(平成27年総務省令第93号)
が公布されたことに伴い、中部上北広域事業組合火災予防条例の一部を改
正するものです。
1.改正に至る背景と目的
~4月1日から火災予防条例が一部改正になります~
HOME
~Emergency Call 119~


中 部 上 北 広 域 事 業 組 合 消 防 本 部
F.D CHUBU KAMIKITA
Copyright (C) 2014 CHUBU KAMIKITA FIRE DEPARTMENT. All Rights Reserved.
所在地:〒039-2501
   青森県上北郡七戸町字荒熊内159-4
   TEL 0176-62-3142 FAX 0176-62-5601