NEW
消防職員が、住宅用火災警報器の販売を行なったり、特定の業者に販売を依頼することはありません!
※悪質な訪問販売等に注意しましょう!
住宅用火災警報器についての詳細はこちらから→住宅用火災警報器Q&A
住宅用火災警報器は定期的に点検しましょう!!
【事例1】
《概要等》
 共同住宅の住人が、みそ汁の入った鍋をガスこんろで温めていたところ、火を消し忘れて外出しました。
 隣の部屋の住人や近くの住人が、「ピーピー」という警報音と異臭や部屋の窓から煙が出ているのを発見
して消防署へ通報し、窓から部屋に入ってガスこんろの火を消したものです。

《被害等》
 鍋のみそ汁が焦げたものの、火災には至らず、人的被害もなし。
【事例2】
《概要等》
 就寝中の共同住宅の住人が、居間に設置していた住宅用火災警報器の警報音で目が覚めると、居間から白
煙と異臭がし、石油ストーブの上に干していた洗濯物が落下して炎上していた。
 すぐに石油ストーブのスイッチを切り、携帯電話で119番通報したものです。

《被害等》
 居間の部分焼、人的被害はなし。
【事例3】
《概要等》
 長屋の住人が、台所で玉子を焼いていたことを忘れて居間で食事をしていたところ、住宅用火災警報器の
警報音に気づき台所に行くとフライパンから白煙が出ていた。
 すぐに119番通報し、ガスこんろのスイッチを切り、台所と居間の窓を開けたところ警報音が止まったも
のです。

《被害等》
 フライパンが焦げたものの、火災には至らず、人的被害もなし。
【事例4】
《概要等》
 家人が台所のガスこんろのグリルで魚フライを温めていたことを忘れ、居間でテレビを見ていたところ、台所の住宅用火災警報器が作動したため、慌てて110番通報し、警察から消防へ通報があったもの。

《被害等》
 グリル内の魚フライが焦げたもので、火災には至らず、人的被害もなし。
【事例5】
《概要等》
 家人がガスこんろグリルを使用後、火を消し忘れたもので、住人が、居間の住宅用火災警報器の鳴動に気が付き居間に行ったところ、隣室の台所のガスこんろのグリルから白煙がでていたため、グリルのスイッチを切り、水をかけた後、窓を開ける。

《被害等》
 ガスこんろグリル内の焦げつきのみで、火災には至らず、人的被害もなし。

【事例6】
《概要等》
 居住者がガスコンロを使用し片手鍋で煮物を調理していた。ガスコンロを消し忘れて外出、片手鍋の煮物が炭化し煙が発生、1階リビングと廊下の住宅用火災警報器(煙式)が鳴動する。居住者宅隣の畑で作業していた付近住民が、警報音を聞き119番通報したもの。消防隊到着後、屋内進入しガスコンロを消し火災には至らなかった。

《被害等》
 片手鍋の焦げ、火災には至らず、人的被害もなし。
 住宅用火災警報器を設置していたことで、『早期発見』、『早期避難』により建物や人命の被害を軽減できた
事例が全国各知だけでなく、管内でも発生していますので、お知らせします。
『ついてて良かった!』住宅用火災警報器!!
 消防法が改正され、新築の住宅は平成18年6月1日から、既存の住宅は中部上北広域事業組合火災予防条例の定め
るところにより、平成20年6月1日から全ての住宅に住宅用火災警報器の設置及び維持が義務付けられています。

 住宅火災において、住宅用火災警報器は火災(火災に至る前段階)の熱や煙をいち早く感知し、火災の早期発見
や早期避難、被害の軽減等に非常に有効な機器です。そのため、住宅用火災警報器が未設置の世帯では早急に設置
しましょう!
 また、設置してある世帯では適切に維持管理して万が一に備えましょう。
住宅用火災警報器の奏功事例について
HOME
~Emergency Call 119~


中 部 上 北 広 域 事 業 組 合 消 防 本 部
F.D CHUBU KAMIKITA
Copyright (C) 2014 CHUBU KAMIKITA FIRE DEPARTMENT. All Rights Reserved.
所在地:〒039-2501
   青森県上北郡七戸町字荒熊内159-4
   TEL 0176-62-3142 FAX 0176-62-5601